出会い系サイトを利用するうえでの、理想と要求について

みなさんは、なんのために出会い系サイトを利用しますか?その答えに「理想の相手を見つけるため」とお答えになる人に、このページを読んでいただければと思います。

出会い系サイトを利用する事で、普段の行動範囲では出会えないような様々な人との出会いの輪が広がります。

社会人になってからの出会いは、大抵が自分の行動範囲に関係した狭い人間関係になってしまいます。

他業種や自営業、その他自分には縁のないお仕事についているような異性との出会いは、確かに出会い系を利用する事で広がっていきます。

普段の行動では出会えないということで、理想の相手を探すことが出来ると思いがちですが、中々現実は難しいところです。

男女問わず、誰しも理想の相手や、相手への恋愛における要求はあると思いますが、出会い系といえども高すぎる理想や、相手への高すぎる要求を持っている方の場合、理想通りの人と出会える事は中々難しいということを予め理解しておくことが必要です。

出会い系サイトを利用しても、出会いに繋がらない、という方は、自分の中の理想が高すぎるのかもしれません。

りなPが実践したパパ活テクニックを大公開 – 神パパ.net

利用者側にも問われるモラル

匿名でコミュニケーションを取れる出会い系サイトは、各個人のモラルある行動にも非常に重きを置かなくてはなりません。

マナーの悪い行動を取る事によって、出会い系サイトの質を下げ、質の下がった出会い系サイトには更に質の悪い人間が集まり、やがて犯罪の温床と化してしまいます。

出会い系サイトを利用し、本当に異性と出会えるための場にしていくためには、私たち一人一人のマナーやモラルも重要になってくるのです。

現在の出会い系サイトの対策状況

昨今の出会い系サイトは、サクラ排除の雰囲気に流れています。

そのため多くのサイトでは「サクラがいません」というようなことをアピールしていますが
それでもまだ、その対策状況は十分とは言えないでしょう。

サクラが横行していた過去に比べて、だいぶマシにはなってきていますが、それでも健全と言える状態にはまだ遠く、改善の余地がのこされています。

現在の出会い系サイトの問題点は、キャッシュバッカーや風俗営業と思われるような悪徳女性ユーザーを強制的に退会させるという処置をサイト運営側がしていない点につきます。

結果として、サイト運営側が意図的にサクラを用意してはいないものの、サクラに準じるような詐欺ユーザーや、悪徳ユーザーを管理せず男性ユーザーが出会いにつながらないという状態に陥っているのです。

悪徳キャッシュバッカーなどは現に、男性ユーザー側が運営に通報しても、強制退会になることはあまりありません。

運営側の理由としては、ただでさえ少ない女性ユーザーを減らしてしまうことによって、出会いの体裁を整える事ができなくなってしまうせいだと思われます。

このような状況が、出会い系サイトの健全性を低め、アンダーグラウンドな空気を蔓延させている原因の一つでもあるのです。

悪質な出会い系サイトを排除しよう

出会い系サイトの健全性を高め、社会的にもクリーンなイメージを抱いてもらう事は、結果として登録者を増やし出会いの輪を広げていきます。

そのためには出会い系サイトの持つ悪いイメージを払拭していくための活動が必要になってきますが、一番大切なのは詐欺などの悪徳サイトの一掃です。

一昔に比べて、出会い系のイメージは少しずつ改善されてきていますが、まだまだ一般的な認識は低いのが現状です。

そのために個人ユーザーでできる事は先のページでご説明しましたが、現在の出会い系サイトの現状についてこのページではご案内したいと思います。

運営側にも求められる条件

出会い系サイトの健全化を図るためにユーザーにもできる事はありますが、それ以上に運営側に求められるものが非常に大きいです。

出会い系サイトは犯罪に悪用されるケースが多く、未成年売春や、違法業者による売春斡旋などで利用されてしまう場合もあるのです。

これらの悪用を改善するためにも、早急な対策が求められています。

現在、一部のサイトを除き、出会い系サイトは男女の性的関係を結ぶための場を提供することを助長するようなサービス形態になっています。

そのような体質が、性犯罪や、売春などの温床となっているのが現実です。

この点を大きく改善し、純粋な出会いの場を提供でき、アングラなイメージを払拭するための対策が運営側に求められる課題となっているのです。

そのためにはもちろん利用者側にも意識の改革が必要になってきます。

インターネットは匿名の場ではない

インターネットを利用する際、ついモラルのない行動をしてしまう理由として本名を使わずに掲示板などに書き込みができる匿名性があります。

普段、顔を突き合わせて行うコミュニケーションで相手を面と向かって中傷する事は、あまり頻繁に行われる事ではありませんが本名も知らない相手にはつい強気になって、普段取らない態度をしてしまいます。

そのような行動が、モラルのない行動へとつながり、出会い系サイトの健全性を低めてしまう可能性があります。

出会い系サイト利用ユーザーの一人一人が、WEBサイトを構成する上での構成員としての自覚をもち、出会い系サイトが健全であり人として有益なものであるサイトに発展していくために貢献するのが、必要です。

いくら匿名といえども、登録情報などから個人を特定する事は可能です。

一見匿名でありハンドルネームでやり取りしているようなサイトでも、調べようと思えば個人を特定する事は可能となります。

そのような匿名性にあぐらをかくような態度は、ウェブサイト全体の品質を貶めかねないため、肝に銘じてインターネットといえども、相手がいる事を理解して利用していきましょう。

出会い系サイトで求められるユーザーのモラル

出会い系サイトは男女の交流が目的であるため、結局は人と人とのコミュニケーションの世界です。

そのため、利用者同士の感情が大きく反映され、トラブルが生じる場合が多々あります。

そのようなトラブルが生じた際、出会い系サイト上で一方の相手を罵倒したり、中傷するような問題がよく起こりえますが、そのような中傷行為で溢れているような出会い系は、サイト全体の雰囲気を悪くしまた殺伐したものにしていきます。

ネット上の出会いにおいて、必ずしも自分の希望通りにことが運ぶ事はそうそう簡単に行くとは限りません。

出会い系サイトを利用する上では、自分の理想を相手に押し付ける事によって生じるトラブルを回避するためにも、余裕をもって、相手と接していきましょう。

決して感情的になって相手に罵倒を送るようなマナーのない行動を起こさないよう注意が必要です。

出会い系サイトを利用するユーザーによって、サイトの健全性は高くもなれば、低くもなります。

そのことを自覚して上手にインターネットで出会いを探しましょう。

出会い系サイトの利用者に求められるモラル問題

出会い系サイトが健全なWEBサイトとして認識されるためには、悪質な利用者を排除する必要があります。

特に犯罪の温床として出会い系サイトを利用しているユーザーの排除は重要です。

これらのモラルのないユーザーの多くが事件などをおこし、出会い系サイトの印象を悪いものにしています。

運営側がいくら健全性を保つために努力をしていても、このような悪質ユーザーによる犯罪利用が無くならない限り、全てが水の泡となってしまいます。

出会い系サイトの健全性や、一般認識を改めるためには、このような利用するユーザー側にも一定のモラルが必要になるのです。

一般的に悪印象をもたれる出会い系サイト健全化のために

出会い系サイトにあまり馴染みのない人にとって、出会い系サイトは犯罪の温床のような印象を抱かれがちです。

またメディアなどでも、悪い印象を強く抱かせるような情報を流しているため、出会い系サイトに対して健全性があると一般的には見られていません。

そのため出会い系で出会って恋人同士になり、結婚に至った場合、出会いのきっかけが「出会い系サイト」であると言う人はあまり多くありません。

そういう点からも、出会い系サイトの印象はあまり一般的には良いイメージとは言えません。

広く社会や利用者に良質なネットワークサービスとして認識してもらうためには、多くの改善点が残されています。

そのためには、出会い系サイトを利用する、ユーザー側にも意識改善が必要となります。

出会い系サイトだから危険ということは言い切れない

このように、上記のようなSNSサイトやツイッターのほうが、健全性が高いと思われがちですが、出会いを目的とした利用においては、その健全性はあまり信用できません。

出会い系サイトは、その目的がはっきりしているため、法規制によって逆に年齢制限を設けなくてはならず、未成年者などを締め出しているため、うっかり知らない間に未成年淫行による法を犯すような心配などがない安心があります。

大人同士の出会いを求めるのであれば、不特定多数、未成年が入り混じるようなツイッターを活用するよりは、出会い系サイトを利用したほうが、はるかに安全なケースのほうが多いのが現状です。

その他SNSでの出会い目的使用

もちろんインターネットを利用した出会いはツイッターのみではありません。

しかしながら、ツイッター以外のmixiやフェイスブックなどを活用した出会いに関しては、ツイッターのような未成年が絡む事件が過去に起きた事によって、出会い目的での利用に対して厳しく監視されているのが現状です。

それらのツールを活用して、出会いの輪を広げるのは今の状況では非常に難しくなっています。

未成年者も簡単に利用できる危険性

一方で、ツイッターは未成年者でも利用できるため、上記のような出会い目的で未成年者も登録し、簡単に利用できてしまうという問題があります。

出会い系サイトの場合は、規制法により登録者の年齢確認が明確に義務付けられていますが、ツイッターにはそのようなシステムはありません。

万が一未成年とコミュニケーションを取り付け、その先で肉体関係に及んだ場合、相手が年齢を偽証していたとしても責任は大人側になります。

また未成年側が、金銭目的に出会いを持ちかけ、それに乗った大人を脅して金銭を請求する事もあります。

このような未成年という立場を利用した、悪質なユーザーもおり、トラブルに巻き込まれても後ろめたい事のあるユーザーは泣き寝入りをするしかない事例も多々あるようです。

ツイッターの危険性

ツイッターを利用しての出会いは、ツイッター利用のユーザー層も多いためもちろん業者も目をつけています。

そのため、ツイッター上では、サクラを利用した詐欺サイトへの誘導が多く見られます。

こうした業者の特徴は、女性の顔の写真を定期的にツイートに上げ、特定のリンクを繰り返しツイートしユーザーにアクセスを促しています。

女性のヌード写真などで男性ユーザーを釣ろうとしたり、かなり過激な写真を利用する場合が多いようです。

こうした悪質ユーザーは、出会い系サイトの場合しっかりしたサイトですと、対応してくれる場合があるのですが、ツイッターはそもそも出会い系目的での運営をしているツールではないため、監視される事もなくある意味放置されています。

そのURLを踏んで悪質サイトで詐欺に合ったとしてもツイッター運営会社に相談する事はできません。

ツイッターを利用した出会い

日本での利用者が多いと言われているツイッターは、匿名のアカウントでつぶやきを投稿するツールです。

学生や、OLなどの個人のアカウントの他は、企業が積極的にツイッターを取り入れるなど、かなり身近なツールになっています。

簡単に相手とのコミュニケーションが気軽に図れるツール故、出会い目的での活用もされています。

しかし、多くの利用者がいるからこその危険性もあるのがツイッターです。

出会い系とその他SNSの安全性

出会いを求めてインターネットを活用する際に、出会い系サイト以外のツールによる出会いももちろんあります。

インターネットの利用者がコミュニケーションを図るツールは、出会い系サイトの他にツイッターやフェイスブックなどのSNSと呼ばれる、コミュニケーションツールを利用する場合があります。

それらのツールは、一般的には健全性が高いと言われていますが、しかしながら、出会い目的で利用する場合に限り、出会い系サイトよりも安全であるとは言い切れないのが現実です。

それぞれの安全性や、サービスの違いによる健全性についてこちらのページではご紹介したいと思います。

人を疑いたくないという人こそ実態を知っておきましょう

出会い系で会う人、会う人を、頭から疑ってかかるのは心労がかかるものです。

もしかしてこの人サクラかな、と不安になる前に、サクラの実態をしっかり把握し、知識として知っておくべきです。

そうする事によって、悪徳なサクラを見分けることができ、結果として自分の出会いに正しく結びついていくのです。

このサイトにはサクラは一人もいません、とアピールしている出会い系も確かにあります。

しかし、一般の利用者になりすまして登録する事は誰でもでき、現にサクラが一般になりすまして登録して自らが運営する悪質サイトにユーザーを誘導しようとする業者もいるのが現状です。

賢く出会い系サイトを利用して、本当の出会いを得るには、やはりどうしてもこのような裏事情を知っておく必要性がでてきます。

是非みなさんも、サクラの手口を知って、騙されないようにしっかり自衛をしていきましょう。

サクラの被害などに遭いたくないのであれば交際クラブがおすすめです。

コンシェルジュが出会うところまで斡旋してくれるので効率よく出会うことが出来ます。

サクラバイト専門の掲示板

サクラで働いている人は、一方でモラルがないかと言うとそうでもなく、生活のために仕方なく給料の良い出会い系サイトでオペをしている場合が多いようです。

人を騙して、お金をだまし取るような詐欺行為に直接関与するため、その心労は思いのほか
ダメージが大きいものです。

そういう人たちは、誰にも相談する事ができずに、2ちゃんねるなどのインターネット掲示板を利用してその愚痴を吐き出しています。

実際2ちゃんねるでは、いくつものサクラバイトのスレッドが立ち上がっており、そこでリアルな裏事情や、オペの手口、最新の動向などを書き込んでいるので、実態を更に詳しく知りたい人は覗いてみるのもよいでしょう。

検索ワードは、【オペ最底辺】都内出会い系サクラ避難所です。

出会い系サクラのオペについて

オペという言葉を聞いたことがある人も、ない人もいるかもしれません。

このオペというのは、一般的にはオペレーターの意味ですが、出会い系サイトにおいてはサクラの意味で使われています。

その理由は、出会い系サイトの登録者である「客」の男性と、メールでやり取りをするオペレーターの状態ということで、業者によって組織的に用意されたサクラとなります。

サクラ行為を行う女性スタッフ自身も、バイト広告などで、メールオペレーター募集などの名目で雇われている場合があります。

あまり地方では目にしないバイト内容ですが、都内では現在でも多くの業者が、オペレーターと称して女性をサクラとして募集しているのが実態です。

出会い系、サクラの実態

本当に相手を探したている方や、無駄なく賢く出会い系サイトを利用したい方が、気になるのがサクラの存在。

サクラに引っかかって無駄にポイントを消費してしまったり、出会いに繋がらず結局諦めてしまったり。

そんなユーザーさんのために、サクラについての情報をご紹介したいと思います。

実際のところのサクラの実態を知ることによって、サクラを回避する事も可能となるので、まずは知識としてその存在を認識しておきましょう。

過度な期待は出会いを狭める

プロフィール欄に、相手の理想や要求を細かく掲載しているタイプの人が、男性にも女性にもいらっしゃいますが、そのような高すぎる要求はそもそもの出会いの幅を狭めてしまっている事があります。

出会い系は沢山の人と出会えるようなシステムになっています、もちろん好みの相手を探すことが前提ですが、相手に対して過度な期待や要求を設けていれば、それだけ出会える母数は減り、結果として自分の出会いの幅を狭めてしまいます。

写真が好みじゃない相手も、案外に会ってみたらフィーリングが合うかもしれません。

プロフィールのスペックが自分の理想とは違っても、実際会話をしてみたら思わぬ共通点が見つかるかもしれません。

全ての可能性を、プロフィールの段階のみで切り捨ててしまうのは、とても勿体無いことだと思います。

ですので、出会い系サイトをせっかく利用するのであれば、なるべく高すぎる要求や理想を押さえて、様々な出会いを楽しんでみてください。

理想の恋人との出会いはなかなか難しい

男性とは違い、女性が出会い系サイトに登録する際は、恋人探しや結婚相手を探すなどの目的がある場合が多いですが、それを見事に実現させている人は実はごく少数のパーセンテージに留まっています。

その理由としては、自分の中にある理想の男性像があるため、出会い系サイトに登録されている現実の男性と理想とのギャップの差が大きく出会いに至る前に却下してしまうためです。

しかし、自分の中にあるような、例えばイケメンで、お金持ちで、背も高くて・・・・

などというような理想的な男性は、出会い系サイトなどを使わずとも、すでにお相手がいる場合が多く、そのようなハイスペックの人が恋人を求めて出会い系サイトに登録している確率は低いのです。

逆に男性ユーザーにも言える事で、美人で若くて優しくて、スタイルが良くて・・・

などというような高い理想に当てはまる女性は、同じく出会い系に登録せずとも恋人がいるので、出会い系に登録している確率は非常に低いのが現状です。

従って、出会い系に登録したからといって、理想的な恋人を手に入れる事ができる可能性はごく低いという事を認識しておく必要があります。

高すぎる理想をお持ちの方の場合は、出会い系サイトを利用されるのはあまりオススメできないのが、残念なところ出会い系サイトの現状なのです。

まずは出会いについて学ぶことから初めましょう。