現在の出会い系サイトの対策状況


昨今の出会い系サイトは、サクラ排除の雰囲気に流れています。

そのため多くのサイトでは「サクラがいません」というようなことをアピールしていますが
それでもまだ、その対策状況は十分とは言えないでしょう。

サクラが横行していた過去に比べて、だいぶマシにはなってきていますが、それでも健全と言える状態にはまだ遠く、改善の余地がのこされています。

現在の出会い系サイトの問題点は、キャッシュバッカーや風俗営業と思われるような悪徳女性ユーザーを強制的に退会させるという処置をサイト運営側がしていない点につきます。

結果として、サイト運営側が意図的にサクラを用意してはいないものの、サクラに準じるような詐欺ユーザーや、悪徳ユーザーを管理せず男性ユーザーが出会いにつながらないという状態に陥っているのです。

悪徳キャッシュバッカーなどは現に、男性ユーザー側が運営に通報しても、強制退会になることはあまりありません。

運営側の理由としては、ただでさえ少ない女性ユーザーを減らしてしまうことによって、出会いの体裁を整える事ができなくなってしまうせいだと思われます。

このような状況が、出会い系サイトの健全性を低め、アンダーグラウンドな空気を蔓延させている原因の一つでもあるのです。

Leave a Reply