未成年者も簡単に利用できる危険性


一方で、ツイッターは未成年者でも利用できるため、上記のような出会い目的で未成年者も登録し、簡単に利用できてしまうという問題があります。

出会い系サイトの場合は、規制法により登録者の年齢確認が明確に義務付けられていますが、ツイッターにはそのようなシステムはありません。

万が一未成年とコミュニケーションを取り付け、その先で肉体関係に及んだ場合、相手が年齢を偽証していたとしても責任は大人側になります。

また未成年側が、金銭目的に出会いを持ちかけ、それに乗った大人を脅して金銭を請求する事もあります。

このような未成年という立場を利用した、悪質なユーザーもおり、トラブルに巻き込まれても後ろめたい事のあるユーザーは泣き寝入りをするしかない事例も多々あるようです。

Leave a Reply